2020/07/17

【WDH】人と人を結ぶ「幸せへの橋渡し」

日本の塗り箸の約8割の生産量を誇る、福井県小浜市の職人によって丁寧に作られたささめ箸とてなれ箸。伝統的な黒と朱の色を施し、金と銀の装飾がわずかに華やかさを演出。お箸は、ご飯を召し上がる上で欠かせない食卓の道具であり、 二本で一組であることから人と人を結ぶ「幸せへの橋渡し」と言われています。

トレンドアイテム